スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ガソリン値上げ

へのへのもへじ

「へのへのもへじ」だってガラ悪く舌打ちしたくなる。
ガソリン暫定税率の強行採決のおかげで本日よりガソリン値上げ。
なーにが「苦しい判断」(福田総理の発言)だよ[:ふぅ〜ん:]

公共の交通網が無いに等しい地方にとって車は生活必需品。
なにも贅沢しているわけじゃない。車を使わなければ生活できないんだ。

道を作ることに全面反対しているわけじゃない。
必要な道は作ればよろしい。
でも。地方には山や田んぼのど真ん中を意味もなくでっかい立派な道路が横たわっていたりする。
誰も走らないわけじゃない。でも、日に数十台のためにこんな立派な道路いらねーだろ。って突っ込みたくなる道が多々ある。
もっと必要な所はいっぱいあるのでは?

そして、何よりも無駄遣い。
天下りや私利私欲による購入記録。
福田総理は「家計をヤリクしている中で。。。」なんて発言をしていたが、家計が苦しいときは無駄遣いを止める。これは家計の会計だろうが、国の会計だろうが一番に手をつけることでしょ。
これを是正しないのに収入(税金)だけ増やそうなんて。。。理解してくれっていわれてもな。こっちだって収入増やしたいさ[:ふぅ〜ん:]

しかも。福田総理。ガソリンが上がることについて「ガソリンが上がれば車に乗らなくなる。二酸化炭素排出も少なくなる」なんて発言もしている。
車に乗らせなくするのが目的なら、「道」作ることないじゃん!モゴモゴ
と漫才のようなツッコミをしたくなるようなご発言だ。

どんなに文句を言おうとも。。。。
現実としてガソリン値上げという家計直撃の事実。
もちろん。昨日ガソリンは入れましたよ。
こんな田舎でも夕方にはガソリンスタンドに長蛇の列。
売り切れの文字も目立った。

とりあえずさ。
総理の言い訳も漫才ももうたくさん[:ふぅ〜ん:]

JUGEMテーマ:つぶやき。


ボレロ

ボレロ
手抜きの一品。
ボレロなぞを作ってみた。

マジ簡単。というか手抜きです。
実は、極太の糸でザックザック長方形にメリアス編みで編んだ物(要するにマフラーの幅広版)にボタンを付けて袖を作っているだけ。
図解するとこんな感じ↓
編み図

私の場合作り目は47目。
くるんとなってしまうのを防止する&ちょっとした端の補強ために、最初と最後の6段と左右3目ずつは「鹿子編み」。
後は全部メリアス編みでザックザック。長さは羽織りながら適当に。
ボタンは適当に並べてつけてる。
極太糸を使っているから、どこにでもとまるからだ。
後は自分で羽織ってみてちょっと袖を絞ってとめてみたり、ゆったり目にとめてみたり。その時の気分に合わせて。

案外保温能力も有る。
東北の真冬の時期には向かないが、この時期の朝晩の冷え込みには最適だ。


JUGEMテーマ:編み物


就任

芯

書類上は3月1日より。。。。
代表取締役に就任。。。。してしまったひやひや
今の所。ホントに名前だけだ。能力も心構えもなにもついていってない。
いつか。。。いや。なるべく早くに「名実共に」と胸を張って言える日を迎えなければならないのに、気持ちだけが焦るばかりだ。

今まで仕事してきた中で、多くの社長やリーダー、上司を見てきた。
いい面も悪い面も十人十色。
もちろん。お話ならないような人が上に立っているという悲惨なケースもあるが。。。

上に立つという事。一つの会社のトップであるという事。
自分自身がどこに向かえばいいのか。。。。私なりに模索中。

さて。
本日は「芯」という言葉を書いてみた。
ちょっと前までは自分の中に太い太い芯を持ちたいと思っていた。
でも。。。。
芯にこだわりすぎると少々厄介な事もある。
最近は芯は小さくていいんじゃないかと思う。
車輪も小さい方が自由に動ける。
小さくても固く、絶対に壊れない芯の方がいいんじゃないかと思う今日この頃。


JUGEMテーマ:つぶやき。


恕の心

恕の心

「怒」ではありません「恕 ーじょー」です。

「恕」という文字を辞書で調べると「他人の立場や心情を察すること。また、その気持ち。思いやり。」と出てくる。
その「恕」を使った有名な言葉に孔子の「恕の心」というものがある。
「自分がされてイヤな事は他人にするな」とか「つねに相手の立場に立ってものを考える優しさ、思いやり」などという意味。

「相手の立場に立って」と口では簡単にいえるけれども、本当の意味で自分の主観を取り払い、相手の立場に立つという事は難しい事だと思う。
それでも。「想像する」という脳の作業は人間に許された特権の一つ。
相手の立場に自分を置き換えると新しい発見があるはず。
おそらく。。。。今くるしんでいるであろうある人に伝えたい言葉。


JUGEMテーマ:つぶやき。


自由書_空

自由書 空

双雲さんの自由書より。
まだまだお手本通りに書くという人の物まねから脱出できず困惑
それでも!
物まねも大分うまくなってきた。。。かなたらーっ

いいんだもん。。。。。
デザインだって所詮物まねが多々あるもん。。。。
物まねと分からないように起用するのも、分かるように使っちゃうのもワザの一つだもん。。。。

JUGEMテーマ:アート・デザイン


ゆく年

ありがと

私にとって大きな変化があった2007年。
後数時間で過ぎていきます。

「いい年」だったとは今は言えない発展途上中。
10年後に振り返った時に、無駄じゃなかったと思える年であってほしい。

2008年はどんな年になるんだろう。
どーせ迷って、悩んで、つまずいて。
それでも、少しでも前に進む事ができるなら。。。。と願う。

書 道

    自分で選んだ道は自分次第
    だから頑張れる
    何かを捨てる事は勇気がいる事だけど
    自分で決断した事ならば
    納得して進んで行けるはず


新しい道を歩き始めた某友人。
それにあやかりたくて。。。。
久々に筆と向き合った。

JUGEMテーマ:日記・一般


喜怒哀楽


ボディブラシで書いた「喜怒哀楽」
ネット用の画像にしてしまうとブラシの細かいニュアンスが伝わらないが。。。。
実物は細かい部分でハネや点が面白い動きをしている。

もう少し字が上手ければよいのだが。。。。[:がく〜:]
次回はまた別の素材。。。。木の枝や松の葉なんかで書いても面白いだろうな。
書いた紙も今回はあっさりコピー用紙だがたらーっ
石や葉っぱなんかに書いてもいいかもニコニコ

ーーーーーーーーーーーーーー
人生、喜怒哀楽いろいろある。
でも、大丈夫。
最後に来ているのは「楽」だから。
ーーーーーーーーーーーーーー

ある本に書いてあった言葉。
シンプルだなぁと妙に感心してしまうのは私だけだろうかたらーっ
できれば、「怒」と「哀」は少なめにお願いしたいが。。。。
その先には「楽」があると思えば、少しは勇気づけられるかも。
そして、人生の最後に「あ〜楽しかった」って心から言えたら、最高なんだろうな。


この文字。いらなくなったボディブラシに墨をつけて書いてみたもの。
昨晩古くなってしまったし、捨ててしまおうかと手に取った時、ふとこれで文字書いたらおもしろいかもとひらめいた。
今朝早速挑戦してみると。。。。
これはおもしろいラッキー
手首をこねこね回してみたり、ブラシの傾け方などで全然違う線が書ける。
最初は「楽」だけ書いてみようかなぁと軽い気持ちだったが。。。。
あまりの面白さに、只今「喜怒哀楽」に挑戦中ニコニコ

ちなみに、普段の私の字は小学校から中学校まで習字を習っていた甲斐もなく、
見返したくなくなる程の汚い文字ひやひや
でも、たまには変わった道具で習字練習も楽しいものだラッキー

ル・コルビュジエ

東京でたまたま入ったル・コルビュジエ展。
なんか聞いた事ある名前だなぁと思いつつ。。。。

私がずーーーーーっと昔から欲しかったソファを作った人でしたひやひや
(カタカナ弱いし、人の名前覚えるの苦手だし。。。。たらーっ

上のイラストは私がいつかは。。。これがしっくりくるオトナになれたら手に入れたいと思っている二つのソファ。
LC2もLC4もここ数年テレビや雑誌などでよく出ているので見た事ある人が多いと思う。
私はこんなに露出度が高くなる十数年前に家具屋で一目惚れ。
パイプと皮のビジュアル的バランスももちろんだが、なんといっても座り心地がいい。
今回の展示会で知って納得したが、彼は近代建築の始祖と言われるほどの建築家。設計が計算され尽くしているのだろう。

今回の展示会では彼が設計した建築の模型や家具とともに、彼の原点とも言える絵画や彫刻が展示されていた。
順を追って見ていくと、彼の刻々と変化していく作風に圧倒される。
常に新しい発想を追い求め形にしていく。名声を得てもそれに甘んじず、固執する事なく、一つの所に留まらない彼の芸術家としての魂。
私個人としてはピカソや横尾忠則のように作品を発表し続ける限り、いつでも周囲をアッと言わせる進化が出来るのが偉大な芸術家だと思っているので、おみそれしました!と感服の一言。

展示会の最後には彼が晩年に妻のために南フランスに建てた小さな小屋の実寸大の模型があった。8畳もあるだろうか?とてもとても小さな最小限の家。
巨大な集合住宅や公共建築、さらには都市までも構想した彼が、最愛の妻のためだけに最後に到達した小さな小さな小屋。
なんだかとても印象深かった。

<< | 2/3PAGES | >>