スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

公共の交通手段

バス
都心であればバスから電車から網の目のように張り巡らされいるが、田舎では車がなくては暮らしていけない。
私も東京から嫁に来てつくづく思ったのが、学生の頃に免許取っておいてよかったぁという事だ。

もちろん。電車はある。
ぽつんぽつんと点在する駅。駅まで辿り着くための「足」が必要だ。
目的の駅に着いてもそこで目標は達成されない。
車社会の影響で公共の施設などの主要施設は駐車場確保のために郊外に移転しているから駅前はほとんどゴーストタウンだ。

バスもあるにはある。
1時間に1本あればまだよいほうだ。
1日1往復の路線も多い状況だ。

必然的に公共の交通手段は取らず、車に頼る生活になる。

しかし。
押し寄せるのは高齢化の波。
免許を持っていないお年寄りの一人暮らしや、車の運転もおぼつかなくなったお年寄り世帯。
こういう方達はバスに頼るしかない。

なのに!
全国で路線バスの廃止が相次いでいるという番組を見た。
確かに私の住む地域でもバス路線の統廃合が進んでいる。
利益の上がらない路線に自治体の補助が出ていたが、財政難のため打ち切りが相次いでいるようだ。

番組で紹介されたおばあちゃん。
年金は年額47万。(この金額にも驚かされたが。。。。)
医者代。それにバスがなくなった事によって医者に行くためのタクシー代。
これを引けば年額8万しか残らないという。
バスで町まで行って友達に会うのが楽しみだったというおばあちゃん。
今はもう医者に行くためだけの生活。
友達に会いにいくためのタクシー代などどこからも出てこないのだ。

しょぼんとするおばあちゃんに心が痛んだ。

確かに若い人は車を使うから採算が取れないバス路線は多かろう。
しかし。しかしだ。
定額給付金に2兆円?IMFに10兆円?
この金額を本腰を入れて地方の公共交通の整備に回したら色々な事ができるのでは?
こうした弱者を救うために自治体がもっと積極的に援助していくべきじゃないだろうか?

もちろん自治体によっては「デマンド型交通」。いわばタクシーとバスの中間で、予約を取り、ワゴン車などでなるべく多くの人を効率よく拾って自宅から目的地までドア・トゥ・ドアで運んでくれるという交通手段を模索している所もある。
しかし、採算性や継続にはかなりの課題は残っているらしい。

地方の自治体の職員にももっと頭を使ってもらいたい。
その土地その土地にあった交通整備でなければ意味がないからだ。
弱者に取って本当に必要な福祉とは、弱者の立場に立たなければ絶対に生み出せない物だ。
もちろん赤字を垂れ流しているわけにはいかないだろうから、採算性も視野に入れなければならない。

デマンド型交通の整備でも良い。
スクールバスを活用したっていいじゃないか。
近所の人の通勤の車を活用するシステムを作ったっていいじゃないか。

番組で紹介されたようなお年寄りは既に多々いる。
早急な対策を練ってもらいたい。

JUGEMテーマ:つぶやき。


オバマ大統領

進行中
オバマ大統領の誕生。

問題山積の中。どんな指導力を見せるのかはまだ未知数だが。。。。
「CHANGE」
心良い響きだ。

だが、勝利演説の映像。
オバマ氏の周りは防弾ガラスで囲われていた。

「暗殺リスク」
オバマ氏の周辺で常にささやかれている言葉。
アメリカの現実を目の当たりにした映像だった。

思い出すのはケネディ大統領暗殺。
オバマ氏はイラクからの撤退を掲げ、ケネディ大統領はベトナムの撤退を掲げ。。。
オーバーラップする所も多い二人の若い指導者。

なぜ簡単に「人を消してしまおう」という発想になるのか?
分かり合う事はできなくても、認め合う事はできないのか?
きれい事だとは分かっている。
が。
そんな現実に悲しく、憤りを感じる。

JUGEMテーマ:つぶやき。


English site

悪戦苦闘
最近企業のHPで英語のサイトを用意している所が増えた。
で。
私の所にも既存のHPの英語版のページを作ってくれとの依頼が舞い込んだ。
英語はできませんが。。。。
翻訳サイトで翻訳して、英語ができる人にチェックしてもらって。。。。
今ある画像やHTML使って入れ替えぐらいかなぁ。。。。と。
まぁなんとかなるでしょう。と引き受けた。

が!!!!!!!
大きな誤算が二つ。

まず一つ目は翻訳サイト。
もともと英語が出来ない私。
デザインに使う英語を一つ一つYahooの翻訳サイトで調べる。
確かに一つ一つの単語はある程度出てくる。
しか〜〜〜し!
Yahooの翻訳サイト。文章になるとまるっきりダメじゃん!!!モゴモゴ
ウェブ翻訳なんて。。。。使い物になりませんポロリ
だれか、有能な翻訳サイトを教えてほしい。。。。

二つ目の誤算。
それは私が「英語はダイッッッッッキライ!!!」だったということ。
しかも、英語を見たり聞いたりしていると段々頭が痛くなってくる程度に。
ここ最近がっつりと英語に触れる機会がなかったから忘れていたといえば忘れていた。
しかし、私の英語人生は中1の最初のABCを習っている時にM本先生からチョークを投げられた時に終わっているのだ。
(いや。私が騒いでたから怒られただけだが。。。。ひやひや

昨晩は英語のアルファベットに追いかけられる夢を見たというのに、まだ半分も終わっていないポロリ


JUGEMテーマ:つぶやき。


約束

約束
「約束」その言葉には色々な意味がある。
当事者の間で取り決めること。であったり、
ある社会や組織で、守るように定めたきまり。であったり、
前から決まっている運命。宿命。因縁。のような意味も含まれる。

が。「前から決まっている運命」なんてものはそもそもないと思うしたらーっ
社会の決まりは約束というよりはルールや法律。
だから一般的に「約束」というと当事者間で取り決める事なのだろう。
そして「約束」という言葉ほど曖昧な物はない。

基本的に自分が自分の選択で交わした約束は守るべき物であると思う。
それが約束をしたという自分の責任であると思うから。
しかし、相手あっての「約束」。
自分の意志に関わらず「約束」は守られないこともある。
「当事者」が「当事者」でなくなった時にその約束は意味をなさなくなる。
片方だけが約束を守ろうとしても相手がその約束を忘れるなり、忘れた振りをするのなら「当事者」として成立しない。
そんな時は怒りもあり、悲しくもあり。。。。

が。時として「当事者でなくなる」ということは過去にとらわれず成長している証という考え方もある。
極端な話だが、例えば幼稚園生の「将来結婚しようね」なんて約束や「何年後かに再会しよう」なんて約束等々。
時を経て、うっかり取り残された「当事者」の片割れはタイムスリップしたかのように唖然とたたずみ、時の流れを逆恨みするよりも、相手の成長を喜ぶべき事なのかもしれない。

時と場合によってだがな。。。


JUGEMテーマ:つぶやき。


こんにゃくゼリー製造中止

ゼリー
<こんにゃくゼリー>マンナンライフが製造中止。
とyahooニュースで報じた。
1歳男児が今年7月に食べ窒息死したことでの結果だ。
マンナンライフでは「警告マークを大きくするなど行政に要請された改善策に応じられないため」と説明している。
そりゃあ時間的、物理的、金銭的ににそんな簡単にできます。なんて言える事ではないだろう。
売上の9割を蒟蒻畑に頼るマンナンライフとしては苦渋の選択だったのだろう。

私は製造中止にまで追い込んだこの件について疑問に思う。
はたしてメーカー側だけの責任なのか?

こんにゃくゼリーによる窒息死はのべ17件。
その間マンナンライフ的に容器を改造したり(これってかなり経費がかかること)、警告文をいれたり、注意喚起等々それなりに努力してきたと思う。
消費者の中でも小さいこどもに食べさせちゃいけないって意識はある程度植え付けられたと思っていたが。。。

お子さんを亡くした事には同情する。
しかし、その責任をすべてメーカー側に押し付けるのはどうだろう?
そもそも外袋には注意喚起がしてある。それなのに注意を怠り、子供に与えた親の責任ってどこに行ったのだろう?

食べ物での窒息死なら餅の方が件数多いでしょ。
でも餅を製造中止にするなんて話にならないじゃん。

消費者省も消費者庁だ。
率先してやるべき事を間違っている。
事故米は?ギョーザは?
もっと根本的に、知らないうちに消費者の体を蝕んでいるじゃないか。
大臣の野田聖子は「私は消費者の味方です!」とでも言いたげな態度。
ここぞとばかりのこんにゃくゼリー攻撃。
毒米から目をそらせたいのか?
そりゃあこんにゃく業界からよりも米業界からの方が献金多いでしょーよ。
素早い対応だと持ち上げられて「消費者の味方」をアピールする絶好の機会だと思ったのでしょーよ。
これって消費者を小手先で騙そうとする選挙のための政治にしか見えない。

JUGEMテーマ:つぶやき。


負傷

負傷
私は物体の形状認識能力が低いのか。。。。
物体との距離測定能力が低いのか。。。。
足まで神経が回っていないのか。。。。
タンスや色々な物に足の小指を衝突させる事は毎度の事。
足には知らないうちに痣があるなんて年がら年中だ。

しかし。。。。
昨日は足の「薬指」をソファの足に強打。
かなりのスピードで衝突したらしく、のたうち回るような激痛。
そしてみるみるうちに指の関節の部分が腫れてふくれあがってきた。
なんか。。。。微妙に関節の部分から曲がったような。。。。

小指ならまだ「惜しい!」って言える所だが、薬指って。。。。
かなりの距離測定誤算だ。

なにはともあれ、しばらくは履く靴が限定される。
スニーカーはもちろん、ヒールの高いハイヒール等々は痛くて履けないポロリ

JUGEMテーマ:つぶやき。


おくりびと

蓮とカエル
モントリオール世界映画祭グランプリ受賞した映画「おくりびと」
ひょんなことから"納棺師"になった主人公(本木雅弘)がさまざまな死に向き合うお話。

あまり映画には興味はなく、テレビで放映されるのを見る程度。
映画館に行ったのなんて何年前の事だろう。。。という私が、なぜかこの「おくりびと」の試写会券を持っている。
友人が監督の滝田さんと知り合いになり、関係者用の試写会の席を取ってくれたのだ。
「試写会行きたい?行きたければ関係者用の席取れるよ。」って聞かれた時には、慌ててHPを覗き、なんとなく面白そう。。。映画館なんて久々だなぁ。。。。しかも関係者席だったらきっといい席ぴかぴかなんて軽い気持ちで「行く〜わーい」と返答。

試写会は来週だなぁなんてのほほ〜んとしていたら。。。。
グランプリ受賞のニュースだ。
一気に注目を浴びることになったこの映画。
来週の試写会でその真価を見極めてきます。

JUGEMテーマ:つぶやき。


登録!

for you
行ってきました!
骨髄バンクのドナー登録。

所要時間30分くらいかな。
まずは担当のオネーさんからしっかりと説明を聞く。
概要からリスクまで。まぁネットにかいてある事と同じだが、大人しく聞く。
そこでもう一度意思確認。
それからお医者さんの問診。といっても1分。
だってオネーさんから既に登録できる資格があるかどうかは確認されているから。
登録してくれてアリがとね。と言われた位にして最後に採血。
ほんの2mlだ。チクッとイタいが一瞬で終わる。
これだけで骨髄の型が判別できるんだからすごいよね〜
後はドナー登録カードをもらって、ついでにビオレサラサラシートなどの粗品ももらって終了。
とっても簡単だ。
そしてドナーカードを持った今の私はちょっぴり自分が好きになれた気がして、清々しい気持ちだ。
あとは適合する患者さんがいることを祈るだけ。

骨髄移植って漠然とした不安を抱えている人が多いと思う。
大きな負担を強いられるものだと感じている人もいると思う。
実際にリスクもある。
でも、ちゃんと説明を聞くと必要以上の不安は要らない事が分かる。
実際に提供することになれば入院も必要だし、何度か検査や打ち合わせがある。
時間を取られる事も事実だ。
でも、時間をどう使うかはその人の優先順位で変わってくるものだ。

私は可能な限り多くの人たちがドナー登録を考えてほしいと思う。
骨髄移植をしたからといって100%助かるわけではないけれど、助かる可能性は上がるのだ。
動機は何でもいい。
このブログが考えるキッカケになってくれれば嬉しい事だ。
ちょっとだけ。下記のサイトを覗いてみて。
donorsnet|ドナーズネット
骨髄移植推進財団

ちなみに。私のように平日に登録に行けない人のために休日にはイベントなどで登録ができる機会がある。常設されている献血ルームなどは休日もOKだ。その他にも都会であれば休日も受付している機関もあるだろう。
気になる方は是非最寄りの保健所に問い合わせてみてもらいたい。上記のサイトに問い合わせ先は書いてあります。

JUGEMテーマ:つぶやき。

クリックで救える命がある

クリック!
本日設定した右のブログパーツ。「クリックで救える命がある」

クリックする事で人道支援や環境保全などに取り組むNPO団体へ募金をするというもの。
募金と言ってもクリックした人はお金を払わない。
クリックした人に変わってスポンサー企業が寄付をするという仕組み。

一瞬。。。怪しくない?とも思ったが、参加スポンサー企業にはメリットがある。
企業が様々な社会貢献・環境活動を実施し、それをHPなどを通じてPRしているにも関わらず、なかなか人に興味をもって見てもらえない。というか、なにをやっているのかなんて知らない。
なので、他社との社会貢献活動と差別化ができず企業価値向上を実現できていない。
この募金の仕組みではブログパーツをクリックすると各スポンサー企業のHPに飛ぶ。
うん。確かにね。
この企業もこんな事やってたのねぇと認識する。ただ単に寄付をしているよりも企業側としてはお得な感はある。

ポチッとクリック。
1回1円。同じ事業には1日に1回まで。毎日クリックしてもOK。
ちりも積もれば山となる。


JUGEMテーマ:つぶやき。


国民総幸福量

幸せの尺度
幸せの指標。GNH(Gross National Happiness)という概念。
国民は全員幸せになるべきである。と高らかに王が宣言した国。

ブターン王国

昨晩ZOOM ASIAという番組でブータンを取り上げていた。

ブータンという国がある事は知っていた。細かい鱗まで再現した龍をあしらった国旗が私の印象に残っている。
しかし、20世紀後半まで鎖国に近い政策だったせいか、実態はほとんど知らない。
なんとなく。。。。国民総幸福量という言葉は聞いた事あるような。。。。

この番組でググッとブータンに引き寄せられた。

寺院の装飾は美しい。なんでこんな色使いができるんだっていう衝撃。
なかなか撮影ができないという本堂の映像には何故か熱い物もこみ上げた。

でも。。。。
ブータンの魅力は華美な装飾などではない。
「人」だ。

自分の幸せよりみんなの幸せをとサラッと言いのける人々。
オグロヅルがヒマラヤを越えてやってくる時に電線が邪魔になるだろうと電気を引くことをやめたという村人達。
電気のある生活よりツルのいる生活を子供を含めた村人のほとんどが選んだという。
町の若者は英語や携帯を使いこなしながら、ニューヨークやパリもいいけどブータンが一番さと誇りを見せる。
国民の幸せを第一に考えて、自ら王の親政の政治形態から民主化を実現させた国王。
インタビューで理路整然と答える初代首相。

決して便利な生活ではない。
先進国で言う豊かな生活でもない。

もちろん問題もある。
急激な近代化によるしわ寄せもあるだろう。
南部ではネパール系住民との確執がある。

でも。。。。。
この国の人たちは豊かなんだと感じた。
テレビがほんの一部分しか切り取っていない事は分かっている。
それでも、日本が近代化への成長をしてきた中で失った、手放した物を持っていると感じた。

民主化のスタートや社会のシステムの変化。近代化。それらのことによってこの「豊かさ」を失う事なく発展できるよう心から願う。

JUGEMテーマ:つぶやき。


<< | 2/5PAGES | >>