<< やればできる子 | main | 夜の東北道 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

実家

雑踏
久々の実家帰省中。

大正生まれの姑と同居する嫁としては、たまの実家はいいものである。

まずは朝。
目覚ましを使って起きなくていいし。
何食べたい?
何か飲む?
コーヒー入れたよ。
1年に1回も帰ってこない娘に対してまさに至れり尽くせり。
ありがたいものである。

ま。この待遇も到着後一日半が限界であるがな。

その後は、あなたも主婦なんだからっとか。
あれやって、これやってと何かと使われ始める。

それはそれでいいけどね。

両親が今は元気だからこんなのんきな事をいってられるけど、
近い将来。
きっと両親もやりたい気持ちはあるけれど、
体がついていかなくなっていくのだろうなぁと。。。

JUGEMテーマ:つぶやき。


スポンサーサイト

| - | 20:27 | - | - |

Comment

■junkoさん
私はね。
junkoさんのブログを見て親のありがた味を再確認させてもらいました。
ありがと。

| junkoさん←usagi | 2009/10/13 7:09 AM |

■草子さん
老いだけは追い越せないからねぇ。
久しぶりに会うと「老いの現象」がよくわかる。
うちの実家も限界集落ですよ(苦笑)

私は近くにいれない分、「大丈夫かいな?おい!しっかりせい!」とハッパをかけてきたものの。。。。
うーーーーーん。。。。。

| 草子さん←usagi | 2009/10/13 7:07 AM |

Ciao usagiさん
私もそうだった
久々に変える自分の家はやっぱり居心地が良い
親って本当にありがたいよね。

| junko | 2009/10/12 4:28 PM |

齢の順からいくと、老いは当然、親が先なわけだけど。
親が居なくなったらどうやって生きていこう。精神的に。
なんてことを考えてしまいました。

うちの実家、そろそろ限界集落の気配が...orz

| 草子 | 2009/10/12 9:32 AM |

Submit Comment